健康&美容効果バッチリ!話題のCBDオイル

昨今、美容・健康関連メディアで耳にすることの多い「CBD」。日本国内ではまだまだ馴染みの無い方がほとんどだと思いますが、アメリカをはじめとした海外諸国で今、一大ブームとなっている健康&美容成分です。特にオイルタイプが使いやすく、海外ではすでに各地に専門のアンテナショップができていたり、広く普及しています。このCBD、舌の裏に垂らして経口摂取するとリラックス効果あると評判で、不眠症や不安障害等も和らげると言われており、医療目的でも使用されています。また、お肌に直接塗ると美肌効果があったり、筋肉痛がおさまるということでアスリートの間でも大人気。まさに万能オイルとして、いま一番勢いのある成分となっています!

日本でもブーム前夜

前述の通り、欧米ではすでに大ブームがまき起こり、じわじわと日本でも知名度があがってきているCBDオイルですが、欧米に比べると情報量も販売量もまだまだ少ないのが現実です。その効能や効果をふくめ、一体どんなものなのか、ちゃんと把握している方は少ないですよね。今は日本でも、一度興味を持って調べさえすれば、良質な情報が豊富なhttps://komorebi-cbd.jpのようなCBDに特化したサイトも意外と見つけられます。CBDの世界は非常に奥が深いので、色々と読んで見ると面白いですよ。

そもそもCBDとは?

CBDオイル等に含まれる成分「CBD」は、大麻草(ヘンプ)特有の成分である「カンナビノイド」の1種です。「カンナビノイド」とは、有名なポリフェノールやテルペノイドなどと同じく、フィトケミカル(植物性化学物質)成分とよばれるもので、様々な健康・美容効果が期待されています。まだまだ解明されていない部分も多いものの、アメリカをはじめとする先進国で大きく注目を集め、急速に研究が進められています。

大麻草の成分と聞くと警戒する方も多いと思いますが、いわゆる「ハイにさせる」成分は、「THC」という全く別の種類のカンナビノイドの効能です。そもそもこのTHC、日本では違法成分なので、輸入も販売も禁じられています。日本で販売されている製品ならば、こういった危険作用はまず無いでしょう。

CBDオイルの摂取の仕方

CBDを取り入れる方法は、『経口摂取』、『気化してタバコのように吸引』、『肌に直接塗る』の3種類です。一番お手軽でメジャーなのは経口摂取ですが、それぞれの方法にメリットとデメリットがあります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*